お礼状の例文や文例などの書き方とは?教育実習や就職活動の面接・内定などビジネスで役に立つお礼状の書き方を学びましょう。他にも結婚式や日常生活のお礼状の書き方を覚えると便利です。

面接後の礼状とは?

礼状とは就職活動や実習などの後に出す、御礼の手紙や"はがき"の
事です。「わざわざ時間を割いていただき有難うございました。」という
感謝の気持ちを込めて書きましょう。
就職活動などで、面接後や内定後には礼状を必ず書きましょう。
例文を参考に書き方を覚えるといいでしょう。
でも文例そのまま丸写しではなく、自分の言葉であなたのキャラクターを
少しは出すのもいいかと思います。
例文そのままでは、ありきたりの礼状になってしまい、人事の人の
印象に残らないかもしれません。変に目立つ必要はありませんが
自分らしさを出した礼状が書けるようになるといいですね。

・面接後の礼状の書き方のポイント
まず面接後の礼状は素早く出すようにしましょう。出来れば面接を
受けたその日のうちに出すのがベストです。遅くとも翌日には出したい
ですね。
なぜ早く出すのかというと、会社では面接後には合否の判定を早く検討する
ものです。不合格の烙印を押されてからでは遅いものです。
礼状は早めにだすのがポイントです。その際はなるべく、"はがき"ではなく
手紙で丁寧に出すようにしましょう。
私は現在勤務している会社の面接を受けた時は、礼状が翌日に
なってしまったので、速達で出しました。
速達を使う事でも人事の方に覚えてもらえるポイントになります。

礼状の書き方の次なるポイントとしては、なるべく自分の言葉を使って
あなたらしさを出すようにしましょう。
文例そのままのありきたりな文章は、面接官や人事の人は見慣れています。
少しでも自分らしさを文章に添えてだすことで、印象が良くなる可能性が
あります。

そして最後のポイントは、感謝の気持ちをあらわすことです。
「私の為に貴重なお時間を取っていただきありがとうございました。」
という感謝の気持ちを忘れずに書きましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4626168

この記事へのトラックバック