お礼状の例文や文例などの書き方とは?教育実習や就職活動の面接・内定などビジネスで役に立つお礼状の書き方を学びましょう。他にも結婚式や日常生活のお礼状の書き方を覚えると便利です。

面接後の"お礼状"の例文

就職活動や転職活動で面接を受けた後は、お礼状を
忘れずに書くようにしましょう。
その場合は手紙で感謝の気持ちを込めて書くと良いでしょう。
例文を参考にして、出来れば自分なりに少しアレンジして
書くといいですね。
お礼状の書き方の文例がありますので、是非参考にしてみて
ください。

■面接後のお礼状の書き方(中途入社の場合)
                            年   月   日

株式会社○○○

代表取締役
○○○○様

                            △△△△(自分の名前)


拝啓
 時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 先日はお忙しい中、私の面接にお時間をお割きいただきまして、
誠にありがとうございました。
 面接でお話いたしましたとおり、経理財務の職務を通じて得た経験と知識を活用しながら貴社の発展に貢献したいと思っております。
また、TQCの手法を活用しながら業務の改善などに取り組み○○様のご期待に沿えるように頑張りたいと考えております。
 なにとぞ、よろしくご審査いただき、ご採用いただければ幸甚でございます。
 お返事お待ちいたしております。
 末文ながら、貴社のさらなるご発展を祈念いたしております。
                               敬具 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
参考資料:日本マンパワー キャリアカウンセラーテキスト

中途採用の場合はもちろん、新卒や第二新卒の場合の面接後のお礼状の
書き方としましては、最初に拝啓ではじまり、敬具で締めます。
これは手紙の書き方の礼儀ですので忘れずに書きます。
そして、最初に時候の挨拶と、面接に対する感謝の気持ちを伝えます。
その後は、自分が今までに培ってきたスキルの説明と、会社でどんなことが
出来るのかを簡単に記すとよいでしょう。
相手の会社のことは、"貴社"と記すとよいでしょう。
あとは、お礼状はなるべく早く出すのがポイントです。
面接後は忘れずに素早くお礼状を出しましょう。
速達などを使ってもポイントが高いですね。



[PR]
浜松 求人.com
高知 求人.com
求人 熊本.com
山形 求人.com
宮崎 求人.com
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4626894

この記事へのトラックバック